高層天気図と降雪 | 株式会社スノーキャスト
お天気まめ知識
Home » お天気まめ知識 » 高層天気図と降雪

高層天気図と降雪

カテゴリー:お天気まめ知識

冬の大雪を予想する上で、上空の寒気の動きを把握することは重要です。
よくTVの天気予報では「上空5000mで-30℃の強い寒気」と言った言葉が聞かれますが、このような上空の寒気は通常の地上天気図では分かりません。
上空の様子は高層天気図という資料を見ることになります。

高層天気図とは、その名の通り我々の上空1500メートルや5000メートル等の天気図のことです。
この天気図の目的は、地上天気図ではわからない「気圧の谷」や「上空の風の流れ」「寒気・暖気の動き」を知ることにあります。

地上天気図は海抜ゼロメートルの等高度面における気圧分布を示したものですが、高層天気図は、その用途の利便性から等圧面上(気圧が850hpa,700hpa,500hpaとなる面上)の高度分布を示したものになります。

この違いのイメージを図にしてみました。

地上には前線を伴った低気圧が解析されています。これは高度0メートル(平面)上の気圧配置です。
そしてその上層の天気図は当圧面(曲面)上の天気図になっています。

ちなみに新潟県の場合、冬の天気予報でよく用いられている降雪の指標はこんな感じです。。。

・上空500hPa(高度約5200m)で -36℃以下・・・大雪の目安
・上空850hPa(高度約1500m)で  -6℃以下・・・雪の目安
・上空850hPa(高度約1500m)で  -4℃以下・・・ミゾレの目安

このページの先頭へ戻る